カルバート製品

ボックスカルバート敷設工法 ボックスベアリング横引き工法[ボックスカルバート用各種施工工法]

[NETIS] No.KT-990571-V

特長

  • ボックスベアリング横引き工法とは、ボックスカルバートを所定の搬入口より吊りおろし、
    ベアリング(鋼球)とウインチによりレール(形鋼)に沿ってけん引して敷設する工法です。
  • 従来工法に比べ掘削幅が小さくなるため、施工ヤードが狭くても円滑な敷設作業ができます。
  • 搬入作業(クレーン作業)と敷設作業(横引き作業)が分離でき、急速施工が可能です。
  • 覆工板を設置すれば、地下内での作業のみとなり、上部の交通が開放できます。
  • おろし場所が1ケ所ですむため、敷設に伴ってクレーンを移動させる必要がありません。
  • 高架橋、電線等の上部障害物がある場所でも敷設作業が可能です。
  • ボックスカルバートと基礎との摩擦が小さく、縦方向のPC緊張力が50%以下に低減できます。
  • 従来工法に比べて、工費の低減、工期の短縮、安全性の向上がはかれます。
  • 縦断勾配10%までの施工が可能です。

施工例

製品・工法紹介

建設資材部

CADデータダウンロード

会員限定コンテンツ

会員登録をすると、CADデータ ダウンロードサービスをご利用いただけます。

会員の方は下記の『ログイン』ボタンをクリックして、ユーザID、パスワードを入力してください。

ログイン
新規会員登録

CADデータダウンロードサービスは、会員登録された方のみのサービスです。

会員登録の申し込みを希望される方は、規約に同意の上、送信フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

会員登録