カルバート製品

3ヒンジアーチカルバート・ブリッジシステム テクスパン工法[アーチカルバート・ブリッジシステム]

特長
  • テクスパン工法は、アーチ(フニクラー・カーブ)構造を3ヒンジで構築する工法です。
  • アーチ部材は、左右交互に1台のクレーンで簡単に設置できます。また、支保工は必要とせず、熟練工も不要です。
  • ウイング及び頂部壁は、テールアルメ工法により施工されますので美しいデザインとなります。

構造

3ヒンジ
  • 3ヒンジとは、部材結合方法の一種であり、部材応力(垂直力、水平力)のみ伝達し、モーメントは伝達しない構造です。テクスパンアーチは基礎部に2ケ所、クラウン部に1ケ所ヒンジを持つ3ヒンジアーチです。3ヒンジアーチは固定アーチ、2ヒンジアーチ等と比較して一般に部材断面を小さくすることができます。
    また、静定構造となるため、設計計算による応力と実応用との差が少ないなどの利点があります。
スパン 土被り
7m 〜 20m 1m 〜 20m
施工例

製品・工法紹介

建設資材部

CADデータダウンロード

会員限定コンテンツ

会員登録をすると、CADデータ ダウンロードサービスをご利用いただけます。

会員の方は下記の『ログイン』ボタンをクリックして、ユーザID、パスワードを入力してください。

ログイン
新規会員登録

CADデータダウンロードサービスは、会員登録された方のみのサービスです。

会員登録の申し込みを希望される方は、規約に同意の上、送信フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

会員登録