擁壁製品

補強土を用いた高性能防護擁壁 ジオロックウォール[新技術盛土擁壁工法]

[NETIS] No.HR-990009-V
[掲載期間]/2017年10月迄

特長
  • ジオロックウォールは、ジオグリッド(盛土補強材)と土で築造する落石や雪崩対策用の防護擁壁です。
    その構造は、衝撃を背面で直接受けてエネルギーを吸収する受撃体、衝撃を分散させる伝達体、衝撃を全体で吸収する抵抗体から構成されています。土とジオグリッドで構成され、フレキシブルな構造をしているため、エネルギー吸収性能に優れ、大規模な落石の衝撃エネルギーにも対応できます。
【1】

落石・崩壊土砂・雪崩・土石流など斜面防災用補強土防護擁壁です。

【2】

柔な土構造物であり衝撃エネルギーの吸収力に優れます。

【3】

支持地盤に衝撃力を伝えないため、支持地盤に特別な処理が必要ありません。

【4】

土構造物であるため、様々な立地条件での設置が可能です。

【5】

壁面の緑化が可能であり、周囲の景観に調和します。

【6】

従来の工法と比較して経済的です。

大規模な衝撃も
補強土を用いて吸収防衛。
  • 落石・崖崩れ・雪崩・崩落土対策に万全な新工法です。
  • 性能実証型・様々な実験にも耐えた自信の工法です。
  • 堤体の前面で衝撃エネルギーをがっちり吸収します。
  • 環境・景観に優しい自然共存型の構造です。
  • 建設コストは従来の2/3〜1/2と経済的です。

※従来のコンクリート擁壁・銅製防護擁壁と比較した場合。

衝撃力を補強土天端部で受け止める、
中〜大規模対応型防護擁壁。
  • 斜面で起こる、落石や崩壊土砂などのあらゆる災害に対応可能です。
  • ダイク(堤防)型が設置できない狭いスペースへの設置を実現します。
  • 地山の急峻な地形にも対応できるオリジナル工法です。
  • 前面をコンクリートパネルで垂直に上げることも可能です。
6つのタイプ

ジオロックウォールはその周囲の環境、災害予測状況などにより細やかに対応できるよう、6つのタイプに分かれています。

  • ダイク I 型
  • ダイク II 型
  • ダイク III 型
  • スロープ 型
  • ジオスノーウォール
  • QKウォール
形状寸法
PDFファイルを新規ウィンドウで開きます製品規格 (PDFファイル:1,476KB)

製品・工法紹介

建設資材部

CADデータダウンロード

会員限定コンテンツ

会員登録をすると、CADデータ ダウンロードサービスをご利用いただけます。

会員の方は下記の『ログイン』ボタンをクリックして、ユーザID、パスワードを入力してください。

ログイン
新規会員登録

CADデータダウンロードサービスは、会員登録された方のみのサービスです。

会員登録の申し込みを希望される方は、規約に同意の上、送信フォームに必要事項を入力して送信ボタンを押してください。

会員登録